読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語が苦手でも子育てしながら楽しくシアトル生活

2016年の冬から旦那の転勤でアメリカに!!英語が苦手な上に1歳児の子育て真っ最中。準備から英語力、海外赴任生活について徒然と書いて参ります。

《番外編》あなたは子育て中でも綺麗なお母さんで居たいですか?

ダイエット

最近子どもの寝かしつけが上手くなってきたような気がします。

というのも、19時半には寝付いたからです。

 

今までは21時前後に寝ることが多かったのですが、逆にTVを見てからの就寝になっていたので出来るだけお風呂→歯磨き→絵本→ネンネにしたかったからです。

 

最近は出来る限り外出して母子ともに刺激を受けて日々過ごすようにしております。

 

 

 

 

 ++++++++++++++

 

 

 

さて昨日は気持ち的にも落ち込んでいたのでストレスを食べる事で補おうしてしまいました。今日こそは!と思い寝付いたのですが今日の午前中も我が子の見ていない隙を見計らって無茶食いをしてしまいました(私の中ではお腹が空いていないのにイライラした反動で食べてしまう事を無茶食いとしております)

 

f:id:handmade123:20160902203629j:image

 

 

しかし…これではダメだ!と思い立って我が子が昼寝から起きた後、バナナと水分をもって大型のショッピングモールへ向かいました。

 

 

 

 

 

ダイエット作戦 その①

 

自宅にいる時間を減らす

 

・・・これは家で過ごす時間を増やすと子どもも遊ぶのに飽きてしまいママ一色になってしまい、それによるストレスを解消するため。

食べ物もすぐには手に入らないので空腹になるまで食べ物に無頓着になります。

 

 

 

 

 

ダイエット作戦 その②

 

ダイエットや体にいいものを取り入れる

 

・・・ここで大事になってくるのは「気持ち」の面です。

よく恰好からはいる!と言いますが恰好から入ることって大事ですよね。

今回は大好きなナッツ(今回は生クルミを)の大袋を購入しました。

以前アーモンドを1キロ買いしましたがおやつ代わりによかったです。

 

 

 

 

お買い得ですが質も悪くなかったです^^

 

無味の炭酸水が大好き!妊娠後更に好きになりました。

 

 

 

 

その”体にいい”ものって

貴方がいいって思えたら何でもいいんです!

 

 

f:id:handmade123:20160902203641j:image

 

 

 

 

巷には「これを飲めば1週間で5㎏減」や「簡単に痩せられる」そんな甘い言葉がたくさんあります。でもどうして万年ダイエット本が尽きないのでしょう?不思議ですよね。

極端な話ですが食材一つとっても自然界にあるものであれば含まれている栄養素や成分が体にいいのは当たり前なのです。それをメディアがその一部分のみにスポットライトを当ててあたかも万能食品・万能サプリメントに見せかけているのです。

 

それのみを食べれは長生きできる、

綺麗で居られる、痩せられる・・・

 

そんな万能なものって存在しません。

 

 

結局のところは バランスよく食べたい【とき】に食べたい量を【だけ】食べる。ことが大切になってくるんだと思います。

 

 

だからやみくもに取り入れるのではなく、

食事に気を使っている事をモチベーションに変えてみる。

 

体重計にのると自然と食事を控えるメカニズムと同じです。

 

 

 

 

 

あなたは子育て中でも綺麗なお母さんで居たいですか?

 

 

 

 

わたしは子育て中でも綺麗なお母さんで居たい。

 

 

 

 

 

 

綺麗というのは外見だけではなく

心も安定した状態でありたい。

 

女性って綺麗にする過程で気持ちがシャンとしたり

母親としてではなく一人の女性としての余裕が生まれる気がします。

 

 

 

 

 

誰のためでもない

 自分のためです。

 

 

 

 

ほんの少しの時間でもいいから

自分のために時間を使ってあげたい

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私が最近旦那に言われたのは「爪の表面がぼこぼこしている!栄養取ってないんじゃない?」と本気で心配されました。まぁ毎日手元は見ていたはずでしたが人から言われてハッとしました。

 

 

そして言われてから2週間の間にやっと爪磨きをかって今日、手と足の指を磨きました。

 

少しの事ですが何だかスッキリしたのと綺麗になった爪に嬉しくなりました。

 

 

 

 

 

 

私はダイエットも子育ても全て気持ちと切り離しては出来ないと思っていますので、一喜一憂しながら自分の体にも耳を傾けていきたいと思います。